ホーム   防止   保護   回復・救済 

パソコン上の情報の保護

ZoneAlarm 製品は、フィッシュ詐欺メールのフィルタリング、ID ロック機能、ネットワーク不正侵入の阻止など様々な手段を駆使して、ユーザのアイデンティティを保護してきました。お使いのソフトウェアを常に最新の状態にアップデートすることをお勧めします: ZoneAlarm Internet Security Suite.

ZoneAlarm Internet Security Suite が提供する複数層の保護システム:

  • 外部からの攻撃に対するネットワークファイアウォールは、キーロガーやトロイの木馬など個人データを盗もうとするプログラムをお使いのパソコンに寄せ付けません。

  • フィッシング詐欺と不正の防止機能に含まれる、高度な不正検出技術(特許申請中)は、フィッシング詐欺メールを識別し、不正メールフォルダに移動します。フィッシング詐欺メールは、あなたのクレジットカード番号や銀行口座のパスワードなど重要な情報を巧みに提供させようとする偽装メールです。

  • アンチスパイウェア保護機能の詳細:

    • サイトブロックおよび外部への情報送信に対するネットワークファイアウォールは、コンピュータに侵入したスパイウェアがウェブサイトに接続して、キーストロークログなどパーソナルな財務情報を含む個人データをインターネットに送信するのを阻止します。

    • オペレーティングシステムのファイアウォールは、行動解析を使って、オペレーティングシステム上の全プログラムアクティビティを監視するだけでなく、キーストロークのロギングや盗んだデータのアップロードなど、スパイウェアによるアイデンティティ盗用で使われる一般的な手段を阻止することもできます。

      スパイウェアとはユーザの認知や承諾なしにコンピュータにインストールされるソフトウェアの総称で、パソコンからユーザのデータを収集して、他者に情報を送信する場合もあれば、パソコンを乗っ取ってしまう場合もあります。

      IDLock 機能は、ユーザの誤操作または悪質なプログラムによって、ユーザの重要なデータがパソコンから送信されそうになると警告を発します。

ヒント:ご自宅のパソコンでは ZoneAlarm ファイアウォールのセキュリティレベルを[高]に設定し(インターネットゾーンのみ。トラストゾーンは[中]に設定)、ハードドライブに保存された個人データや財務情報をハッカーから保護しましょう。これは DSL またはケーブルモデムでインターネット接続している場合に特に重要です。

パスワードや PIN (暗証番号)を作成する際のヒント:

  • パスワードや PIN (暗証番号)を作成する場合は、公的機関から発行された ID の一部、誕生日、通し番号など、犯罪者に察知されやすそうな番号や文字は絶対に使用しないでください。パスワードには文字と数字の両方を組み合わせてお使いください。

  • パスワードを忘れた場合の質問としては、他人が簡単に答えられるような質問は避けましょう。

  • パスワードは全て暗記してください。持ち歩いたり、他人がアクセスできそうな場所に記録することは厳禁です。

 

ホーム  |  防止  |  保護  |  回復・救済